稀少車
2550
万円
お問い合わせ
戻る
メーカー
フェラーリ
ミッション
マニュアル
グレード
ボディタイプ
クラブワゴン
ボディ色
NERO FER 1240 DS
年式
1996 年型
走行距離
2.3万km
乗車定員
2 名
サイズ
長 448 cm 幅 197 cm 高 113 cm
エンジン形式
排気量
4900 cc
馬力
トルク
車検
31年7月
ハンドル
駆動区分
前輪駆動
輸入区分
内装色
燃料区分
ガソリン
幌色
内外装 ・ 機関等状態良い 希少ボディーカラー ・ フェラーリ512M入庫致しました。TWS マフラー( ノーマルマフラー有り ) ・ TWSサスペンション 装備 が装備されております。22.220km時 タイミングベルト交換済です。1971年トリノ ショーで発表された365GT4BBから512BB、1984年パリ サロンで発表されたテスタロッサ、512TRと続いて、1994年パリ サロンで発表されたF512Mはテスタロッサシリーズの最終発展形であり、180°V型12気筒ミッドシップエンジンを搭載するフェラーリの最後を飾ったモデル。 F512Mは、1994年〜1996年に501台生産され、以後FR方式の550マラネロにフラッグシップモデルの座を譲った。 先代の512TRに改良を加えたという位置づけであり、そのためイタリア語の"Modificata"、すなわちModified、改良型を意味するMを加え、車名がF512Mとなっている。ちなみにF512Mの“512”は総排気量5Lと12気筒数を表している。 エンジンは鍛造アルミ製ピストンを採用し燃焼室形状も一新。バルブスプリングは追従限界が10,000rpmというバリアブルピッチの物に変更。チタン製コンロッドを採用するなど軽量化が行われた。また、スピードライン製アルミホイール、4ピストン ブレーキキャリパーも軽量化が行われBOSCH製ABSが装着された。フロント部分は先代512TRまで継承していたリトラクタブル・ヘッドライトを固定式に変更。 テールランプを丸型4灯へ変更し456GT、F355ベルリネッタ似のデザインになった。テスタロッサ以来特徴的だったルーバー越しのテールライトも他のモデル同様丸型4連に変更された。 ボンネット左右に追加されたNACAダクトは、改良されたエアコンのコンデンサー冷却、室内へのフレッシュエアーの強制導入を増大させるもの。セミバケットタイプのシート、ダッシュボード、ドアトリム、その他に最高級コノリーレザーを採用した。フェラーリ故障診断テスターをフロントボンネット内に装着した。 シャシーは、チューブラーフレームによって構成されていて、 高ストレスのかかる部分には特殊クロームモリブデン鋼を用い、他の部分はカーボンスチール鋼を使用している。チューブラーシャシーにスチールパネル(フロアーパネル、ルーフ、リヤパネル、フロントフレームプロテクションおよびピラー)を溶接することにより強固なセンターセクション(車室内)を構成。このため、車両剛性が格段に強固になっている。フロント&リヤのアンダーボディーおよびリヤウィングインナーパネル、エンジンベイ、ラゲッジコンパートメントは、アルミ製。他のボディー各部、フロント&リヤのインナーフェンダー、フロントウィングアウターパネル、リヤエアーインテイクなどは、ファイバーグラス製。ドアはスチール製