A110 1600VB ( 1600Sグループ4 )
ASK
お問い合わせ
戻る
メーカー
ルノー
ミッション
マニュアル
グレード
A110 1600VB ( 1600Sグループ4 )
ボディタイプ
ボディ色
ツートン
年式
1970 年型
走行距離
7.5万km
乗車定員
2 名
サイズ
長 3850 cm 幅 1450 cm 高 1130 cm
エンジン形式
排気量
1560 cc
馬力
トルク
車検
R2年5月
ハンドル
駆動区分
輸入区分
内装色
ブラック
燃料区分
ガソリン
幌色

復活というべきか新生というべきか、新たなA110のデビューが話題を呼んでいるアルピーヌ。戦後の1950年代に、大衆車であるルノー4CVのスペシャルからスタートした、スポーツカーメーカー/レーシングカーコンストラクターである。その最大の成功作が、1962年にデビューしたA110だった。鋼管バックボーンを核とするシャシーに、軽量でコンパクトなFRP製2座ボディーを架装。サスペンションなどメカニカルコンポーネンツは、同年に登場したルノーの小型サルーンであるR8からの流用で、エンジンもR8の1リッター直4 OHVをチューンしてシャシー後端に搭載していた。ホイールベース2100mm、全長3850mmという寸法はモデルライフを通じて変わらなかったものの、前後のトレッドと全幅は徐々に拡大。エンジンも当初の1リッターから1.3リッター、1.5リッター、1.6リッターへと排気量が増やされ、ポテンシャルが高められていった。デビュー当初からフランスラリー選手権や欧州ラリー選手権で好成績を残しており、1973年に開始されたWRC(世界ラリー選手権)には、1.8リッターエンジンを積んだグループ4(当時の規定では連続する12カ月に500台生産)仕様のマシンで参戦。初戦のモンテカルロで表彰台を独占したのをはじめ、全13戦中6勝を挙げ、2位に大差をつけてWRCの初代チャンピオンマシンに輝いた。